出産準備お試しBOXがもらえるAmazonらくらくベビーはこちらから★

大阪王将と餃子の王将の関係は?違いについても解説

本ページはプロモーションが含まれています。
大阪王将と餃子の王将の関係は?違いについても解説

大阪王将と餃子の王将の関係や、違いについてまとめました。

大阪王将と餃子の王将、同じ王将という名前が付いていますが、お店それぞれ歴史や特徴があります。

似ているからこそ、その違いや関係性が気になりますよね。

大阪王将と餃子の王将の関係、違いについてひとつずつ解説していきます。

目次

大阪王将と餃子の王将の関係は?どっちが先?

創業が早かったのは、餃子の王将です。

餃子の王将が1967年にオープンし、その後大阪王将が1969年にオープンしました。

両者は親族ということもあり、大阪王将はもともと餃子の王将のチェーン店でした。

しかし餃子の王将からのれん分けをしてもらって独立しました。

独立したての頃は、名をそのまま「餃子の王将」としていました。

しかし1985年に営業範囲で裁判沙汰になったことがきっかけで、大阪王将という名となり今の店の形となりました。

大阪王将と餃子の王将の違い

2つのお店の違いについて説明していきます。

店舗数

店舗数は、餃子の王将が大阪王将の約1.5倍程多いです。

看板・ロゴマーク

大阪王将の看板・ロゴマークの特徴は、お城です。

中央の「王将」という文字の他に、お城の周りにローマ字、白字で大阪王将の名が刻まれているのも特徴的です。

また看板の背景色は、赤色と黄色があります。

餃子の王将は、赤い背景に店名が看板の真ん中に白字で書かれています。

また看板には、白・赤の他にも黄色・緑が使われています。

餃子

2つのお店それぞれ、餃子に特徴があります。

大阪王将の餃子は、くっきり付いた焼き目をしています。

この焼き目は、皮が薄いことが関係しています。

皮が薄いためパリパリした食感を楽しむことができます。

タレは、持ち帰りのものはラー油をベースとしたものを使っています。

餃子の王将は、薄い焼き目と皮の端にある焦げ目が特徴的です。

この焼き目は、大阪王将とは逆に皮が厚いことが関係します。

皮が厚いことでもちもちとした食感になります。

タレは、持ち帰りのものは醤油をベースとしたものを使っています。

天津飯

天津飯の2店の違いについて解説します。

大阪王将は、餡が醤油味です。

また具材がたっぷりのため、見た目が色鮮やかです。

餃子の王将は、餡を3種類の中から選べます。

自分の好みや気分に合わせて味を選択することができます。

また具材は卵のみのため、見た目はシンプルです。 

経営戦略

2つのお店それぞれの経営戦略を解説します。

大阪王将は、冷凍食品に力を入れています。

冷凍食品は食品の種類、味が豊富です。

公式通販サイトでの購入はもちろん、スーパーなどでも買えるため自宅等でも手軽に購入できます。

また餃子の王将は女性向けのお店も展開し、力を入れています。

バルスタイル、栄養バランス、ワイン、カクテルなどを女性好みのものを揃え、新しいターゲットの獲得に努めています。 

大阪王将と餃子の王将の関係は?違いについても解説まとめ

この記事では、大阪王将と餃子の王将の関係、違いについてまとめました。

創業が早かったのは、餃子の王将です。

大阪王将と餃子の王将の違いには次のようなものがあります。

  • 店舗数
  • 看板・ロゴマーク
  • 餃子
  • 天津飯
  • 経営戦略

経営戦略では大阪王将は、冷凍食品に力を入れており、餃子の王将は女性客をターゲットにしています。

似ている大阪王将、餃子の王将ですが、このようにそれぞれの歴史やさまざまな違いがあります。

こちらも読まれています
  • URLをコピーしました!
目次