\ ポイント最大11倍! /

ウインナーはレンジで爆発する?ボイルやカリカリにする方法も紹介

本ページはプロモーションが含まれています。
ウインナーはレンジで爆発する?ボイルやカリカリにする方法も紹介

こちらも要チェック↓

ウインナーはレンジで爆発するのか、ボイルやカリカリにする方法などをまとめました。

ウインナーがレンジで調理できたら便利でうれしいですよね。

レンジで加熱する方法や、ボイルやカリカリにする方法もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

目次

ウインナーはレンジで爆発する?

ウインナーはレンジでチンすると爆発する可能性があります。

皮のないウインナーであれば破裂する心配はありませんが、皮付きウインナーは加熱しすぎると爆発する可能性があるので注意が必要です。

以前はウインナーをレンジで加熱することは禁止されていました。

そのため、パッケージの裏にも「電子レンジの使用は控えてください。」との注意書きが記載されていました。

禁止されていた理由は、ウインナーをレンジで加熱しすぎてしまうと爆発して、ウインナーの内部の油が飛び散り火傷をする危険があるという理由からでした。

当初、ウインナーのメーカーは購入者に危険が及ばないように注意喚起していましたが、時短や家事の負担軽減のアイディアとして様々なレシピサイトでウインナーのレンジでの加熱方法が紹介されたことで、メーカー側もレンジを使用する調理方法を記載するなどしたパッケージに変更していきました。

ウインナーのパッケージの裏側を確認すると、レンジの加熱時間が記載されているものもありますので、購入の際に確認してみるのもいいですね。

ウインナーがレンジで爆発しない方法

皮付きウインナーは簡単なひと手間でレンジでチンしても爆発を防ぐ簡単な方法があります。

ウインナーの皮に爪楊枝やフォークなどで穴を開けたり、包丁で切り込みを入れるだけ!

ウインナーが爆発する原因は、加熱によって膨張したウインナーの中の水分が皮を突き破ることで起こります。

あらかじめ穴を開けたり、切り込みを入れて膨張した水分の逃げ道を作ってあげることで、爆発を防ぐことができます。

短時間なら、穴や切れ込みを入れなくてもチンすることもできますが、しっかりチンする時には穴や切れ込みを入れるひと手間で爆発する心配もなくなります。

ウインナーをレンジでボイルする方法

ウインナーをレンジでボイルする方法をご紹介します。

深さのある耐熱容器やマグカップにウインナーを入れて、ウインナーが隠れるくらいの水を入れます。

ウインナーが水から出ていると爆発する事があるのでしっかり隠れる程度に水を入れましょう。

ラップはかけずににレンジで加熱します。

加熱時間の目安はウインナー3本の場合500wで1分30秒、600wで1分20秒程度です。

電子レンジのメーカーによって多少の差がありますので、様子を見ながら加熱するようにしてください。

通常お鍋でボイルする場合、3分程茹でるので、レンジでボイルした後すぐに取り出さず、1分ほど放置します。

放置することでウインナーの中までしっかり茹でる事ができます。

放置後、お湯を捨てたら完成です!

レンジで手間なくボイルしたプリプリのウインナーが楽しめますよ。

ウインナーをレンジでカリカリにする方法

ウインナーをレンジでカリカリにする方法をご紹介します。

ウインナーを袋から取り出して輪切りにします。

輪切りではなく一本のまま使いたい場合は爪楊枝やフォークで穴を空けるか、包丁で切り込みを入れてください。

下ごしらえしたウインナーをお皿に並べ、ラップをふわっとかけてレンジで加熱します。

加熱時間の目安はウインナー3本の場合、500wで2分30秒、600wで2分20秒程度です。

電子レンジのメーカーによって多少の差がありますので、様子を見ながら加熱するようにしてください。

レンジで加熱したウインナーは焼いたようなカリカリ食感が楽しめますよ。

ウインナーはレンジで爆発する?ボイルやカリカリにする方法も紹介まとめ

この記事ではウインナーはレンジで爆発するのか、ボイルやカリカリにする方法をまとめました。

ウインナーにひと手間を加えれば、爆発させずにレンジで加熱することができたり、ボイルをしたりカリカリにもできます。

レンジを使うことで簡単に様々な加熱調理をすることができるので、お鍋でお湯を沸かしたり、フライパンを使うことなく、お手軽にお弁当の一品やおつまみを作る時に役立ててみてはいかがでしょうか。

こちらも読まれています
  • URLをコピーしました!
目次