\ ポイント最大11倍! /

アイスリングSUOとFOの違いを比較!どっちがおすすめのクールリング?

本ページはプロモーションが含まれています。
アイスリングSUOとFOの違いを比較!どっちがおすすめのクールリング?

こちらも要チェック↓

アイスリングSUOとFOの違いを比較しました。

SUO(スオ)とFOの主な違いは、以下の4つです。

  • 商品名:SUO⇒クールリング・SUO RING、
    FO⇒アイスリング
  • 凍結温度:SUOには18度で凍る「SUO RING 18°ICE」がある
  • 持続時間:SUOには持続時間が約2時間アップした「SUO RING Plus」がある
  • デザインやカラー:SUO⇒シンプル、
    FO⇒ポップ

SUOとFOで販売しているものは商品名は違いますが、中身は同じ技術や製法で作られたものです。

ですので、どちらを選んでも品質に違いはありません

どちらがおすすめかというと、

  • 冷たさをより感じたい人、持続時間が長い方がいい人⇒SUO
  • ポップなデザインやコラボ商品が好きな人⇒FO

アイスリングSUOとFOがどう違うのか詳しく紹介していきますね。

▼じんわり冷やせるSUO RING!凍結温度は28℃

▼持続時間の長いSUO RING plus!凍結温度28℃か18℃か選べます♪

▼ポップなカラーが可愛い!FOのアイスリング♪

目次

アイスリングSUOとFOの違う部分の比較表

アイスリングSUOとFOの違いを比較して、表にまとめました。

SUOFO
商品名クールリング
SUO RING
アイスリング
凍結温度28度(SUO RING 28°ICE)
18度(SUO RING 18°ICE)
28度
持続時間約60〜120分(SUO RING)
約180〜240分(SUO RING Plus)
約60〜120分
デザインシンプル
(主に大人向け)
ポップ
コラボ多め
(主に子ども向け)

アイスリングSUOとFOの違いを比較!

アイスリングSUOとFOがどう違うのか比較してみたら、主な違いは以下の4つでした。

  • 商品名:SUO⇒クールリング・SUO RING、
    FO⇒アイスリング
  • 凍結温度:SUOには18度で凍る「SUO RING 18°ICE」がある
  • 持続時間:SUOには持続時間が約2時間アップした「SUO RING Plus」がある
  • デザインやカラー:SUO⇒シンプル、
    FO⇒ポップ

それぞれの違いを詳しく紹介しますね。

商品名の違い

画像引用:楽天市場
ブランドSUOFO
商品名クールリング
SUO RING
アイスリング
特徴特許取得(技術)商標登録(名前)

まず結論からいうと、商品の名前は違いますが、中身は同じです。

SUOが作ったものを、SUOとFOそれぞれが名前を変えて販売しているんです。

以前は、SUOとFOがコラボして一緒に販売していましたが、現在は別々に販売しています。

FOは「アイスリング」という名前を商標登録しています。

FO以外は「アイスリング」という名前を使うことが出来ません。

そのため、SUOは「クールリング」や「SUO RING」という名前で販売しています。

ちなみにSUOは、クールリングを作る技術や製法について、特許を取得しています。

ちょっとややこしいのですが、まとめるとこうなります。↓

SUOがリングを作る

  • SUOは「クールリング」「SUO RING」の名前で販売
  • FOは「アイスリング」の名前で販売

結論:名前が違うだけで、中身は同じ

凍結温度の違い

画像引用:楽天市場
ブランドSUOFO
凍結温度28度(SUO RING 28°ICE)
18度(SUO RING 18°ICE)
28度

SUOには、凍結温度が28度(28°ICE)と18度(18°ICE)の商品があります。

FOは、凍結温度が28度の商品のみです。

SUOの18度で凍る「SUO RING 18°ICE」は、28度で凍る「SUO RING 28°ICE」や「FOのアイスリング」に比べ、冷たさを強く感じることができます。

ただし、18度以下でしか固まらないため、冷蔵庫や冷凍庫に入れて使うことが推奨されています。

一方、凍結温度が28度の「SUO RING 28°ICE」や「FOアイスリング」なら、出先でも涼しいところにいるときや、流水を使えるときは凍らせることができますよ。

凍結温度の違いによるメリット・デメリット

凍結温度18度(SUO RING 18°ICE)
  • 首元をしっかり冷やせる
  • 急速にクールダウンできる
  • 28度の商品より持続時間が短くなる
  • 18度以下で凍るため、外出先では再凍結させにくい
凍結温度28度(SUO RING 28°ICE、FOアイスリング)
  • じわじわと冷えを感じられる(冷たすぎない)
  • 28度以下で凍るため、外出先でも再凍結させやすい
  • 急速にクールダウンしたいときには不向き

持続時間の違い

SUOFO
持続時間約60〜120分(SUO RING)
約180〜240分(SUO RING Plus)
約60〜120分

SUOには、持続時間が約60〜120分(SUO RING)と約180〜240分(SUO RING Plus)の商品があります。

FOアイスリングの持続時間は、約60〜120分です。

SUO RING Plusは、SUO RINGよりも容量が約60%増え、持続時間が約2時間もアップしました!

容量が増えた分、SUO RING Plusはリングが少し太いのが特徴です。

SUO RINGと比べると若干太さを感じられますが、そんなに「太っっ!!」と感じるほどではないです。

SUO RINGの着用イメージ

SUO RING Plusの着用イメージ

カラーやデザインの違い

SUOFO
対象者主に大人主に子ども
デザインシンプルポップ
コラボすみっコぐらし星のカービィ
ディズニー
スヌーピー
サーティワン

SUOとFOでは、カラーやデザイン、コラボしているキャラクターが違います。

SUOのデザイン

画像引用:楽天市場

SUO RINGは16色、SUO RING プラス 18°ICEは7色、SUO RING プラス 28°ICEは8色のバリエーションがあります。

SUOは主にシンプルなデザインですが、すみっコぐらしとコラボしている商品もあるんですよ。↓

画像引用:楽天市場

とってもかわいいですよね♪

すみっコぐらしのキャラクターが目立つから、ちょっと恥ずかしい…

そんな方は、ピンクかブルーを選ぶのがおすすめです^^

画像引用:楽天市場

シンプルめなデザインなので、すみっコぐらしは好きだけど目立ちたくない…!という方にぴったりですよ。

紫外線の量で色が変わるので、室内と屋外で変化を楽しむこともできます♪

▼すみっコぐらし×SUO RINGコラボの詳細はこちら↓

FOのデザイン

FOのアイスリングは、FOが子ども向けのブランドなこともあり、ポップなデザインが多いです。

星のカービィ
ディズニー
スヌーピー
サーティワン

とコラボしていますよ♪

▼SUO RING

SUO RING plus

▼FOアイスリング

SUOのクールリングはこんな人におすすめ

SUOのクールリングがおすすめな人は、

  • しっかり首元を冷やしたい人(SUO RING 28°ICE)
  • 涼しさを持続させたい人(SUO RING plus)
  • シンプルなデザインが好きな人
  • 見た目スッキリと見せたい人

飽きのこないデザインを求める人は、SUOがオススメです。

FOのアイスリングはこんな人におすすめ

FOのアイスリングがおすすめなのは、

  • キャラクターが好きな人
  • 洋服とのコーディネートを考えたい人
  • 個性を求める人

凝ったデザインが好きな人は、FOがおすすめです。

アイスリングSUOとFOの違いを比較まとめ

この記事では、アイスリングSUOとFOの違いを比較してまとめました。

4つの違いは以下のとおりです。

  • 商品名:SUO⇒クールリング・SUO RING、
    FO⇒アイスリング
  • 凍結温度:SUOには18度で凍る「SUO RING 18°ICE」がある
  • 持続時間:SUOには持続時間が約2時間アップした「SUO RING Plus」がある
  • デザインやカラー:SUO⇒シンプル、
    FO⇒ポップ

飽きのこないデザインを求める方はSUOがオススメです。

凝ったデザインが好きな方はFOがオススメです。

こちらも読まれています
  • URLをコピーしました!
目次